医師のバイト

医師はなぜバイトをするのか?給料の不都合な真実

更新日:

給料は高く、景気に左右されず安定している。

医師という職業は、このように思われる事が多い。

もちろん、人によって基準は違う。年収600万を高いと思う人もいれば、1000万を安いと思う人もいるだろう。仕事の内容による、という人もいると思う。

医師の給料は、その労働時間、労働内容から妥当だと言えるほどではない。

記事内広告

スポンサーリンク

 

医師の給料平均と、初期研修医の給料について

これに関しては様々な報告がある。

勤務医と開業医の収入は明確に開きがあるため、ここでは勤務医について考える事にする。

 

勤務医の給料平均

勤務医の給料平均は1200万くらいだと言っている調査もあれば、1500万くらいだったというアンケート調査もある。どれが真実なのか、という事に関してははっきり言って判断できない。

そして無意味である。

何故ならば、一口に勤務医と言っても給与体系がバラバラだからである。

初期研修医はそれより上の医師と比べて明らかに低い(半分から1/3程度)し、一般的に部長クラスの勤務医であれば2000万程度あって普通である。

また、医師という人材にも市場原理が働いており、地域によってかなり偏りがある

給与が低くても人気の地域や病院には人が集まるし、ど田舎で人気がない地域はかなりの高給を出しても医師確保ができない。地域の医師の偏在は、医師の給与体系にも影響を与えている。

さらに、専門科によって最終的な給料が異なるケースがある。

とにかく、「勤務医の平均」は年齢、勤務地、専門科など多くの要素を混ぜ込んだ「平均」であり、それ自体には何ら意味を見出さない。

 

3倍の差がある初期研修医の給料

初期研修医の給料は、病院のホームページで確認する事ができる。

一部の病院では公開していないが、多くは参考年収を公開している

なぜならば、今の時代は初期研修先もインターネットで調べる時代であり、勤務条件や給料など具体的な数値をホームページに記載していない事は人材獲得競争に際して不利だからだ。

初期研修医の給料は、おおよそ低くて年300万程度、高くて年1000万くらいである。同じ国の同じ医師免許を取った初期研修医でも、これほどの開きが存在する。

一般に都会の人気病院の給料は低く、田舎の不人気病院の給料は高い傾向にある。

特に、「初期研修医にどこの病院に行くか」は医師不足の地域や病院からは非常に重要である。

なぜならば、医師が初期研修をした病院にそのまま残ったり、その地域に根付いてくれる可能性があるからである。大体は結婚出産などの人生のイベントがあったり、何かしらの人生イベントが付随する事でその地域に根付く事が多い。

余談だが、そういった意味では初期研修医の配偶者となるような若い女性(もしくは男性)スタッフを病院が潤沢に持っている、という事も、ある意味将来的な医師確保の重要な要素の1つとなるだろう。

記事内広告

スポンサーリンク

 

青田買いされる初期研修医

話を戻す。

医師を確保する事に躍起になっている地域や病院が、医師という人材が市場に解放された今の状況を利用して初期研修医を「青田買いする事は非常に重要な戦略である。

差額の700万を2年、1400万を支払う事で医師1人を確保できるのであれば、医師不足であえいでいる地域や病院にとっては十分ペイするのかもしれない。

このような事情から、初期研修医の給料は開きがある

同じ原理で、初期研修医より上の医師、専門医クラスですら、病院の給料には地域による差が存在する。しかし、初期研修医の方が「給料による青田買い」効果が高いため(年齢が若く地域に根付く可能性が高いから)、初期研修医ほどの差額は地域によって生まれない。

 

それほど増えない、初期研修医以降の給料

初期研修医以降の給料はというと、ざっくり言えば以下のような感じである。

  • 後期研修医(30代半ば):1200万前後
  • 専門医(40歳手前):1500万前後
  • 指導医、部長クラス:1700万〜2000万前後

こう見ると、あまり給料が増えない事がわかる。一般企業の上昇率などから比べると、特に中年までの給料がほとんど若手と変わらないで据え置きなのが異なる。

そして、膨張し続ける医療費と、それを抑制しようとしている政府がいる中で、この給与水準が保たれるかどうかは疑問である。

しかし、これらの値段はあくまで市中病院の話であって、大学病院の給料は驚くほど少ない

大学病院では、ざっくり言えば以下のようである。

  • 後期研修医(30代半ば):300万前後
  • 専門医(40歳手前):500万前後
  • 指導医、部長クラス:600万前後

圧倒的に少ない。約3分の1である。

大学病院の給料が少ないのも、市場原理による。その話をするには、医局というシステムについて理解する必要がある。

 

医局と医師のバイト、その関係性のカラクリ

一言で言うと、医局というのは教授を頂点としたヒエラルキーチームで、1つの国のようなものである。

医局に入ると、様々な病院を転々とし、様々な知識や経験を積む事ができ、専門医を取得する事ができる。これが若手医師が医局に属するメリットである。

専門医はいらない?取得の意味とデメリットについて

医局側は、医師という人材を病院に送り込み、もともといた医師を大学病院に戻って来させたりして、とにかく人を回転させる。

そうすると、病院としては医局に

良い医師をたくさん送ってください

とお願いをする。

医局の人事権を握る、教授をトップとする組織の上層部にゴマをすりまくる。

こうする事で、医局は「医師の人事権」をつかみ、それを利用し病院と強固な関係を築いてきた。いわゆる「関連病院」と呼ばれる病院群ができあがった。

若手の医師からすると、医師として一人前になり最新の医療を学ぶべく「医局に入る」というのはスタンダードな道であった。

このように、大学病院は給料が低くても「医局」というシステムを利用する事で医師という人材を自動で確保できるため、市場原理からはかけ離れた値段で医師という人材を安く買い叩く事ができる。

しかし最近は医師人材がインターネットにより市場解放され、医局の人気が減ってきてしまっている。

医局について詳しく知りたい場合は、医者の世界独自の組織「医局」とは?を参照。

記事内広告

スポンサーリンク

 

医師のバイト代と、病院からもらう本給の差

医師は給料を十分もらっているはずなのに、なぜバイトをするのだろう

一般の人からしたら、そういった感覚を持つ人も多いと思う。

しかし、日本において医師にとってバイトはライフラインであり、切っても切り離せない状況にある。

 

病院の給料よりもバイト代が高い、という事実

大学病院に勤めていると、病院からもらえる給料が極端に低いのは上記の通りである。これでは生活が立ち行かなくなってしまう。

市中病院から大学病院に転勤した医師などは、元の生活水準を保つためにいわゆるバイトをする。この医師のバイトというのが、摩訶不思議な事になっているのである。

バイトの相場は、専門性の高さと時間によって決定される。ざっくり書くと以下のようである。

  • 半日(非専門):5万円
  • 半日(専門):10万円
  • 1日(非専門):10万円
  • 1日(専門):20万円

もちろん、専門科よって多少は異なる。

さて、ここでおかしい事に気がつく人がいるだろう。そう、上記の医師の給料に比べて、バイトの値段が高すぎるのである。

バイトだけの医師が週5日、月20日、年間240日働いたとすると、専門科であれば年収4800万になる。非専門でも2400万。上記の部長クラスの給料を大きく上回っていると言える。

市場原理から考えると、明らかにおかしい事がおこっているのである。

その原因は、上記の医局にある。

 

人事権とバイト確保の関係性の崩壊

大学病院に勤めている医師(=医局に入っている医師=医局員)の人事権は医局のお偉いさんが握っており、大学病院だけの給料では生活できない医師のバイトも医局が紹介派遣していた

逆に、病院側は大学病院の派遣する医師を下手に断ると、「今後医師の派遣をしてくれなくなる」可能性があると考えて、断れなかった。

また、医局員以外の医師を雇用すると、医局に刃向かった事になり今後の派遣を打ち切られる可能性があるため、なかなか自分達で医師を雇用する事はできなかった。つまり病院側は医局の人事の言いなりであった。

しかし、医局という古いシステムが崩壊し、インターネットの登場により医師の求人やバイトの情報がどこにいても誰でもアクセスできるようになり、医師という人材が急に自由化した。

一部の人気病院は医局の派遣を断り、自前で医師を十分確保できるようになった。

そうではないほとんどの病院は、未だに医局から派遣を受け入れているが、一部は自前で調達した人材、というような病院もある。

このように自由化した市場は、常に市場原理が働く。需要と供給で値段が決まっていく。だからこそ専門性が高いと値段は高まるし、誰もやりたがらないような内容や行きたがらないような病院のバイト代は高い。

本来の勤務よりも給与効率が良いバイトというものを、やらないという医師は少ない。医師も神ではなく、親や子供を大切にする、人間なのである。医師とバイトは切っても切り離せないのである。

それでもなお、バイトだけをやる年収4800万の効率の良い医師が少ないのには、理由がある。

記事内広告

スポンサーリンク

 

怯える医師達

それは、やはり職の不安定さに怯えているからである。

バイトだけでやっていく、と言って医局をやめたとして、ずっと同じバイト先で働けるかは限らない。

何かヘマをしてクビになるかもしれないし、患者から苦情がきてクビになるかもしれない。医局に入っていれば、また別の病院へ紹介してくれるだろうが、自分1人で職場を探す事にはある程度のリスクを伴う。

市場原理に則った給料をもらうという事は、市場原理に則った人材競争にさらされる、という意味でもある。

こういう不安定さ、ちょっとしたリスクに怯えて、医局の言いなりになっている医師は未だに多い

もちろん、彼らには守るべきものがある。

大抵は奥さんは働いていない専業主婦だろうし、広い土地に高い家を建てただろうし、子供はたくさんいて私立の学校に通っているだろう。生活にお金がかかるのだ。

そういった状況で、不安定さやリスクを許容できる医師は、あまりいない。

結果、バイトだけガンガンやる医師というのはあまりおらず、市場原理が完全には働く事がないそして上記のような状態になっている。今後徐々に是正されていくだろう。

 

今のうちにバイトで稼ぐ、という選択

僕は今後、日本が衰退し税収が減り、医療費にかけられる歳出も減ると思っている。そうすると、医師の給料も減ってくる事は目に見えている。

そして、医師という人材業界の自由化の流れは、今後も止まらないと思う。

インターネットがクローズドな市場をオープンなものへと変えてしまった。

そうなった時に、医療に疲弊せず国に潰されることなく、唯一勤務医として成功した人生を送るためには、今のうちにどんどんバイトをして稼ぐというのは良い方法かもしれない。

今後医療費が削減され医師の給料全体が減ったとして、かつ市場原理がより働き勤務医の給料とバイトの差がどんどん無くなっていくとする。つまり、バイト代が下がり、医局の派遣で働いている常勤勤務医の給料が増える、という未来である。ならば、今最も得をしているのは今バイトをガンガンやっている医師である。

だとするならば、医師バイトドットコムのような会社に登録して、バイトをして今のうちに稼ぎ切ってしまうというのは悪くない手段かもしれない。

なおフリーランス医師の場合、多くは非常勤とバイトの組み合わせで収入を得ている。

上記の予想はあくまで予想であって正しいかどうかはわからない。しかし、今の時点で給料とバイトの差がこれだけある、というのは明らかに異常であり、このままの状態で変わらない事はない、という事は確かだと言える。

医師のスポットバイト、非常勤バイトを探すのにオススメの会社は?現役フリーランス医師が比較してみた

オススメ記事

1

僕は後期研修医になってからすぐバイト紹介会社に登録して、バイトを始めた。そして今でも定期的にバイトに行っている。 今の時代、インターネットですぐにバイト案件を見ることができる。 例えば医師バイトドットコムでは、自ら探さなくてもメールでバイト案件が送られてくる。それを眺めていて、いいなと思う案件があれ ...

2

インターネットが発達した結果、あらゆる人が時間・場所を問わずに情報へアクセスできる時代になった。 何か調べたい事があればインターネットですぐに調べる事ができ、何かアクセスしたい情報があればすぐにアクセスできる。 さらにスマートフォンの普及に伴い、インターネットにアクセスするデバイスを国民ほぼ全員が持 ...

3

医師として働いていてたまに脳をよぎる言葉、転職。 辛い時に とりあえず転職すれば良くなるかなー なんて思いながらも、目の前の仕事を淡々と片付け、時間だけが過ぎていく。 僕にもそういう時期があった。 しかし1度芽生えた「転職しようかな」という芽は、消える事なく心の中に残り続ける。 医師として働いていて ...

4

医師賠償責任保険は、今や多くの医師が加入する保険である。 大手で金額も安い民間医局が最も有名である。万が一医療訴訟になった際の損害賠償金はもちろん、弁護士費用やバイト先での補償もあり、内容面でも充実している。 さて、この医師賠償責任保険の金額は年間4〜6万程度が相場である(2018年現在)。びっくり ...

-医師のバイト

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2018 All Rights Reserved.