医師の恋愛・結婚

医者同士の結婚、やっぱり家事は女医がやる?子供が生まれると離婚率が高まる理由

更新日:

近年女医さんが増えてきた事もあり、医者同士というカップリングが増えている

男性医師の中でも

相手は女医さんのような頭が良くて学歴のある人が良い

という意見は多い。

そんな医者同士の結婚、忙しそうではあるが経済的にも恵まれているし、外から見ている分には良さそうに見える。

しかしどうやら、実際はトラブルも多いようだ。

 

医者同士で結婚した女医さんの不満

少し前、女医さん達が集まる飲み会に呼ばれて行ってきた。

参加した女医さんの半分以上が男性医師と結婚しており、話は盛り上がっていた。お酒も入ってくると段々と旦那さんへのグチ大会と化した。

 

同じくらい稼いでいるのだから、せめて家事はシェアすべき

最も多かった不満は、家事の分担について。

男性医師も女性医師も同じ医者として働いていれば、基本的には同じような仕事内容をして、同じくらいの時間を働いて、同じような給料をもらっている。

それなのになぜか家に帰ると、女医は女中のようにあたふた家事をこなし、自分の時間はない

一方旦那の方は

仕事のためにやらなくてはいけない事がある

と言ってゆっくり医学書を読んだり、論文を探したりして、自分のキャリアをより有利に積めるよう時間を投資している。

自分だって医者としてキャリアを積みたいし、そのためにやりたい事はたくさんあるけど、それを我慢して家庭の事をやっている

女医は自分のキャリアを犠牲にして、家族のために頑張らなくてはならない。

こういった不公平が、女医さんの中では圧倒的に多い不満だった。

 

男性医師は古い考えの亭主関白タイプが多い?

これは完全に個人的な見解だが、男性医師は古い考えの亭主関白が多いと思う。

理由は、親が裕福で母親が専業主婦、みたいな家庭環境で育って来た人が多いからだ。

それもあって、家事の分担に関しては女性がメインでやるべき、みたいな考えの人が多い。

同時に子育てに関する考え方も、ステレオタイプ的である。

 

子供が生まれてから、ほぼワンオペ育児

子供がいる家庭では、女医さんの不満は主に夫(男性医師)の育児不参加についてだった。

夫は仕事ばかりで、子供のお迎え体調不良時の呼び出しなど、一切行ってくれない。

家に帰れば育児はほぼワンオペ。ひどい人だと子供のお風呂入れすらやってくれないという。

子供の発熱など、イレギュラーな事態で仕事を中断して迎えに行くのはいつも自分(女医さん)で、それによる後ろめたい気持ちが強く、上司や周囲の先生にも申し訳ない気持ちでいっぱいだそう。

半分とまではいかなくても、せめて少しだけでも分け合って分担して欲しい、という意見が多くあった。

夫が全く手伝ってくれない状態で

なんで私だけ職場に申し訳なく思いながら、働かなくてはならないのか

という黒い気持ちが心の底で芽生えてしまうのは、仕方がないように思える。

 

仕事を続けたい女医さんと結婚する、という事

色々話を聞いてみてわかった事がある。

女医さんと結婚した男性医師は、仕事を続けたい女医さんと結婚する事の意味を、あまり理解していない人が多い。

男性医師と女性医師は同じ医師であり、社会的な役割としては全く同じ役割を担っている。そこに男だからとか女だからといった考えを持ち出すのは、もう古い考え方だ。

社会的に同じ役割を担っているのであれば、基本的には家庭内でも同じ役割を担うべきである。

家事、育児、その他家庭内の諸事情は、基本的には折半、50%ずつ負担するべきだ。

しかし母親と父親、生物学的に全く同じ生き物でないのは確か。

母乳による栄養摂取という行為は母親にしかできない。父親は母乳を出す事ができないからだ。

力仕事は父親が得意だろう。一般的には女性よりも男性の方が骨格筋が発達しているからだ。

そういった差異を除いた部分、人間として能力的に平等に備わっている部分に関しては平等にするべきだ。

具体的には

  • 炊事
  • 食器洗い
  • 洗濯
  • 掃除
  • 買い物
  • 子供のお風呂入れ
  • 寝かしつけ
  • 送り迎え

など。

とはいえ家庭によっては好んで仕事量を減らし、家事や育児をしたい女医さんもいる。

また夫が心臓外科で、妻が病理、みたいな明らかに働き方の差がある専門科同士の組み合わせの場合、家事や育児のウェイトは2人で相談するべき。

医師としての労働量と、家事育児の労働量を足し合わせて平等になれば、結果的に不満がお互い少ない形になるのではないだろうか。

 

女医さんが家事をやるのは非効率的、アウトソースも視野に

それでも

家事や育児に参加する時間が本当にない…

という男性医師もいるだろう。

時間は生み出せない。無い物は無いので仕方がない。

そういった場合、個人的に推奨したいのは家事のアウトソースである。いわゆるハウスキーピングサービスだ。

最近は低コストで家事のアウトソースが可能で、1時間あたり3000円程度でできる。掃除洗濯で週3で来てもらって、1回3時間だとしても月10万円程度。

医師ならばバイトで1日働けば稼げる額だろう。

週6で来てもらう富裕層向けのサービスでも、月30万程度から請け負っているという。

首都圏ではクラシニティが大手だが、最近は地方でも【くらしのマーケット】などがサービスを請け負い始めている。



 

win-win-winを目指して

医師として働きたい女医さんが、家事を嫌々やるのは社会的にも本人も、双方にとって大きな損失だ。

それならば女医さんにバイトをしてもらい、医師としてイキイキと働いてもらって、その稼いだお金の一部を使ってハウスキーピングサービスを利用した方が、確実にwin-winだと思う。

そうすれば、家事や育児への参加を強いられていた男性医師も、少し負担が減って自分の仕事に注力できるようになるだろう。

社会にとっても女医さんが働くことは良い事だし、働きたい女医さんが医師として働くことは本人にも良い事だ。さらに家事を外注する事で間接的な家事の負担が減った夫(男性医師)にとっても良い事であり、まさにwin-win-winなのだ。

医者同士のようなカップリングにこそ、ハウスキーピングサービスはもっと広まるべきだし、当たり前のように使われるべきサービスだと思う。

-医師の恋愛・結婚

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2018 All Rights Reserved.