シリーズ「勤務医はつらいよ」

医者なんて「やってられない」と思うタイミング9選

投稿日:

医者もある程度の年数が経つと

医者なんてやってられないな

と思う事に、遭遇する。

人によっては、もう毎日思ってるよ、という人もいるかもしれない。

 

医者なんてやってられない、と思うタイミング

僕が体験した「医者なんてやってられない」と思ったタイミングは

  1. 死力を尽くして外来をやっても、遅いと言われる時
  2. 当直中、やっと眠れると思ってベッドインして5分で呼ばれた時
  3. 人が足りなくて36時間くらい働いている時
  4. 当直明け、やっと仕事が終わったと思って帰宅しようとしたら急変した時
  5. 当直明け、自宅のベッドで快眠しているも、くだらない看護師の電話で叩き起こされた時
  6. 気づいたらプライベートな時間を過ごさず3ヶ月経っていた時
  7. 患者の理不尽なクレームを受けた時
  8. 患者の汚物や血液に汚染された時
  9. 不慮の事故が発生して裁判になりかけた時

の9つ。

この9つは、記事をご覧の皆さんも1つや2つ身に覚えのある事では、無いだろうか。

記事内広告

スポンサーリンク

 

1、死力を尽くして外来をやっても、遅いと言われる時

外来が混んでいると、医者なんてやってられない気持ちになる。

水も飲まず、トイレにも行かず、外来をこなしているにも関わらず、なぜか一向に外来が進まない。

死力を尽くして、1患者あたり5分でさばいているのに、患者さんの世間話に時間を取られ、結局少しずつ時間を削られていく。

最終的には、午後の最後の方の患者さんに

先生、遅いよ

と言われる瞬間、医者なんてやってられない。

 

2、当直中、やっと眠れると思ってベッドインして5分で呼ばれた時

外来が終わり、手術が終わり、いざ夕方からの当直。

当直は忙しいが、患者さんからすれば、容体が悪いから来ているわけで、なんとかしてあげたいという気持ちの方が強い。

17時から開始して、ノンストップで働いて9時間、現在時刻夜中の2時。

やっと眠れると思い、当直室のベッドにイン。

気絶する様に眠る。

ピリリ!ピリリ!

自分のピッチが鳴る。誰か患者が来たようだ。

時計を見る。なんと、5分しか経過していない…。

この時の絶望感は、味わった人にしかわからない。

3時間くらい経ったかなと思って、5分しか経っていないという事は、実質的に2時間55分、自分が思っているよりも朝が来るのが遅いという事で、当直医としての労働時間が長いという事に他ならない。

はあ、医者なんてやってられないな。

と思いながらも、重い扉を開けて当直室から出て、救急外来へと向かうのだが。

 

3、人が足りなくて36時間くらい働いている時

当直が終わり、朝帰ろうかなと思っても、帰れない日もある。

結局1〜2時間しか寝ておらず、当たり前のようにめちゃくちゃ眠い。

人が足りないからという理由で、オペ室での仕事を任される。

寝そうになる。正直、少し寝てる。

トイレに逃げ込んで、便器をまたいで座った瞬間、少し休憩できる。

そんな時、ふと思ってしまうのである。

医者なんて、やってられない。

疲労と眠気で、本気でやっていられない、もう今すぐ帰って寝たいと、思う。

 

4、当直明け、やっと仕事が終わったと思って帰宅しようとしたら急変した時

オペ室での仕事が終わり、夕方やっと帰ろうとした時。

こういう時に限って、急変が起こったりする。

もちろん、結局帰れない。

ここまで来ると、もう男でも泣きたくなってくる。自分の努力は、一体どこに消えていっているのか、よくわからなくなる。

書きながら昔のことを思い出してしまう。

医者なんて、やってられないな。

というか、ここまで良くやって来たな、自分は。

他のお医者さんもそうだが。

 

5、当直明け、自宅のベッドで快眠しているも、くだらない看護師の電話で叩き起こされた時

やっとの思いで帰宅。

1日ぶりの自分のベッド、1日ぶりの睡眠。

一周回って、枕と布団が「愛おしい」存在に見えて来る。

やっとぐっすり寝ているのに、電話が鳴る時がある。

自分の患者の事を、見てくれている看護師さんからの電話だ、仕方がない。

しかしたまに、本当にどうでもいい事を確認するような、くだらない電話で起こされる事がある。

こういう時、正直こういう看護師にはかなりの怒りを覚えるが、看護師側からすれば「そういうルール」になっているわけであって、致し方ない。

攻撃する気もなれず、頭に思い浮かぶのは「やってられない」という文字だ。

 

6、気づいたらプライベートな時間を過ごさず1ヶ月経っていた時

医者をやってられない、と思うのは、プライベートがごっそり削られている時に気づいた時だ。

特に、プライベートが一切無く月が変わっていると、悲しい気持ちになる。

仕事が好きなら良いが、好きじゃないのに、仕事にこれだけ時間を取られているのか、と思うと、辛い。

 

7、患者の理不尽なクレームを受けた時

多くの患者さんは自分の努力をねぎらってくれ、感謝してくれる。

しかしながら、そうではない患者さんもたまにいる。

明らかに理不尽なクレームを言う患者さんもいる。

そういう患者さんに、ひたすら理不尽な事を言われ、罵倒されながら、謝罪していると、なんだか不思議な気持ちになる。

怒りとか、悲しみではない。

はあ、やってられないな、医者なんていう職業は。

そういう気持ちになる。

 

8、患者の汚物や血液に汚染された時

当然ながら、患者さんの汚物や血液などが、自分の体にかかる事がある。

それは仕事上仕方ない。

しかしながら、その仕方なさゆえ、誰が悪いわけでも無いがゆえに、やるせない気持ちになるのだ。

自分の健康のためにも、医者という職業を長く続けるのは、良く無いのではないだろうか。

給料が2倍になっても、健康には変えられない。

そういうリスクを負っているという意味では、とてもやってられない職業である。

 

9、不慮の事故が発生して裁判になりかけた時

僕は幸いにして経験が無いが、隣の机の先生や、仲の良い先生が裁判になりかけて、青い顔をしている姿を見た事がある。

医者をやっていればわかるが、不良の事故は100%予防できない。

長く医者をやっていれば、不慮の事故に巻き込まれる事だって、当然あっておかしくはない。

そんな時、誰も悪く無いにも関わらず、患者さんは被害を被る。

やるせない怒りがそこにはあって、その怒りを理不尽に医者にぶつけてくる事は、結構ある。

実際に裁判にまで至る事だって、あるだろう。

医者は、人の人生に大きく影響を与える仕事をしている。

何かがあった時、その責任は重大だ。仮に過失がなくても、結果として患者さんは永続的に健康や機能を損ねる事がある。

こういう事に頭を悩ませている、先輩のお医者さん達を見て来て強く思う。

医者は長く続けるもんじゃ無い。

少なくとも、第一線で活躍し続ける様な事は、しない方が良い。

医者は20年も30年も、やっていられない職業だ。

 

実際、医者なんてやってられない

これ以外にも、医者なんてやっていられないと思うタイミングなんて、腐る程ある。

実際に、やってられない仕事なのである。

やればわかる。

もう見栄とか、カッコ良い医者でありたいとか、外部からの自分に対する評価なんて、どうでもいい。

全てを投げ捨てて、逃げ出したいと思ってしまうくらいの、仕事内容ではある。

僕はもう、既にほとんど医者をリタイアした。

週2日くらい、軽く働いているだけだ。

その辺の事については、僕がバイトを頑張る理由に詳しい。興味のある人はご覧いただければ幸いだ。

僕がバイトを頑張る理由

あとは子供と公園で遊んだり、両親含め家族と料理を作って食べたり、車で国内旅行に出かけたりしている。

家族と過ごす時間というのは、良い。

このために生きているのだと、実感できる。

もちろん、活動は家族でけではない。

1人で温泉に泊まって、本をひたすら読みふける事もある。

平日だと人がいないので、結構集中できる。

はっきり言って最高だ。

そんなに派手な生活をしなければ、生きていけるくらいのお金はある。

全然、元の状態に戻りたいとは思えない。

今もなお、日本の病院を支えるべく日々尽力しているお医者さんには、頭が上がらない。

しかしながら、僕にはもう、医者という仕事は、とてもじゃないがやってられない。

やってられないのだ。

記事内広告

スポンサーリンク

-シリーズ「勤務医はつらいよ」

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2020 All Rights Reserved.