医師の転職

実際にやってみて感じた、医師の転職におけるメリットとデメリット

更新日:

医師が転職するにあたって、実際にどんなメリットとデメリットがあるか把握するのはとても重要。

なぜなら医師の世界はご存知の通り狭く、あまり目立った事をしてしまうと一気に噂が広まってしまう。実際にそれほど変な事をしていなくても、噂という物は得てしてより変な方向に歪曲されて伝わるもの。なるべく目立たないに超した事は無い。

少しでも転職の二文字が頭をよぎったら、以下の内容は確認しておこう。

記事内広告

スポンサーリンク

 

医師の転職におけるメリット

医師の転職におけるメリットは

  1. 自分のやりたい事をやる事ができる
  2. 自分のやりたくない事をやらずに済む
  3. 今までとは違った仕事内容に就ける

の3つがある。

 

1、自分のやりたい事をやる事ができる

病院や地域によって医師として経験できる内容が異なる。

基本的に転職する際、自分が医師としてどんな経験を積みたいのか考えるはず。

  • やりたい手術
  • 経験したい疾患

など、それに沿った勤務先へ転職できた場合、まさに自分がやりたかった事をやる事ができるため、医師として充実感を感じるのは間違いない

中には特にやりたい事はない、という人もいるだろう。その場合は次の「やりたくない事をやらずに済む」という事に、メリットのウェイトを置いている事が多い。

 

2、自分のやりたくない事をやらずに済む

医局などの組織に属していると、どうしても診療以外の雑務が多くなってきてしまう。

この「雑務がとにかく嫌だ」という人の場合、それをやらずに済むような勤務先に勤める事ができれば、それはそれは幸せなはず。

自分のやりたくない仕事から解放される、という事は転職の1つの大きなメリットである

もちろんある程度の制限はあるが、常識の範囲内でのオーダーは転職エージェントに伝えれば、大体はそれに沿った条件の勤務先を提示してくれる。

 

3、今までとは違った仕事内容に就ける

地域、施設、部署、立場、あらゆる変化が転職にはつきまとう。

これらの変化に伴って、仕事内容にも変化が生まれる事が多い。

例えば

  • 看護学校の授業を受け持ったり
  • 院長に気に入ってもらい酒を飲みながら病院経営について話したり
  • 研修医が多い病院に行って研修医指導に熱が入ったり

と、今までの環境ではなかったような出来事が起こる事がある

仕事がマンネリ化して飽きてしまっていた人の場合、仕事に変化が生まれる事は良い事かもしれない。

記事内広告

スポンサーリンク

 

医師の転職におけるデメリット

一方医師の転職におけるデメリットは、大きく分けて5つ存在する。

  1. 引っ越しが必要
  2. 手間がかかる
  3. スタッフの名前を覚え直さないといけない
  4. 病院独自のルールなどを覚えなくてはいけない
  5. 失敗した時にダメージが大きい

 

1、引っ越しが必要

よほど都会でない限り、医師が転職する場合は勤務先が大きく変わるため引っ越しが必要になる。

引っ越し費用は病院が持ってくれる事が多いが、そうでない場合は経済的な負担にもなるだろう。

また家庭がある場合は、転校なども含めて大きな負担になるだろう。

家を買ってしまったという場合、都市部のタワーマンションでもない限り、売るとなると資産価値は減少している場合が多いので、家計的にも大変。

そういった意味で、医師にとって不動産を持って住む事のデメリットは大きいと言えよう。

医師がローンを組んで家を購入、建てることの愚かさ

 

2、手間がかかる

勤務先が決まるまで、転職エージェントと相談しながら勤務先の病院を決めていくが、このやりとりにやはり時間と手間は取られる。

メールと電話をうまくつかって意思疎通をはかればそれほど時間的なコストはかからないが、それでも多少はかかってしまう。

またもし勤務先が決まったとしても、引っ越しも含めて諸処の手続きに手間と時間がかかる。

転職するにあたって、時間と手間というコストは支払わなければならない

 

3、スタッフの名前を覚え直さないといけない

勤務先が変わると、せっかく覚えたスタッフの名前をまたゼロから覚え直すのが多少めんどくさい。

徐々に加齢とともに新規記憶する能力は衰えてくるもので、覚え直すのも一苦労。

また最近の若い看護師は名前が変わっていて読めない事があったりして…いや何でも無い。

 

4、病院独自のルールなどを覚えなくてはいけない

これも人の名前と同じように、診療業務をする上で病院独自のルールや規定がある場合、それを覚えなければ仕事に支障が出てしまう。これも覚え直す必要がある。

最悪スタッフと仲良くなっておけば、その場で聞けば教えてくれるだろう。あまりにも何回も聞き直すと、流石にあきれられてしまうかもしれないが…。

 

5、失敗した時にダメージが大きい

最も大きいデメリットはコレ。医師の世界はとにかく狭いので、失敗してまた転職、なんてなった日には信頼を失う事になる

サラリーマンの場合、畑違いの仕事に就けばまた話は変わるだろうが、医師の場合そうはいかない。

なるべく失敗しないように、慎重に転職先は選んだ方が良い

医師の転職で失敗しないためのコツ

 

最後に

いかがだっただろうか。

特に医師の転職におけるデメリットの中の一番最後、転職失敗については十分注意する必要がある。

失敗を避けるための方法は、医師の転職で失敗しないためのコツに記載したので興味のある人はどうぞ。

記事内広告

スポンサーリンク

独太がよく使うサイト

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、全国規模47都道府県を網羅する、大規模なサービスだ。

親が大手人材のマイナビだけあって、流石の全国網羅具合。

医師転職というカテゴリにおいて、ここまでは外す事ができないだろう。

フリーになるなら、まずは「太い常勤+定期非常勤」から始める事を、オススメする。マイナビDOCTORで常勤転職+定期非常勤という形で探すのは、効率が良い。

医師バイトドットコム

医師バイトドットコムは、スポットのバイト探しに有用。

条件を指定し、メールを受信するだけ。

気に入った条件の案件があれば、返信すればオッケー。簡単だ。

これくらいの使い勝手が、バイト探しにはちょうど良い。

民間医局

本物の医局を抜けたので、民間医局にお世話になっている。

医師賠償責任保険は、絶対に入るべきだ。

自分を医療訴訟から守ってくれるのは、保険しかない。

またバイト案件もそれなりに送ってくれるので、上記2つと組み合わせてたまに使っている。

-医師の転職

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2021 All Rights Reserved.