医師の転職 医師のバイト

医師のスポットバイト、非常勤バイトを探すのにオススメの会社は?現役フリーランス医師が比較してみた

更新日:

インターネットが発達した結果、あらゆる人が時間・場所を問わずに情報へアクセスできる時代になった。

何か調べたい事があればインターネットですぐに調べる事ができ、何かアクセスしたい情報があればすぐにアクセスできる。

さらにスマートフォンの普及に伴い、インターネットにアクセスするデバイスを国民ほぼ全員が持つ時代になった。

これにより様々な社会的な変化が生まれた。

医療業界においても、間違いなくその影響は押し寄せてきている。

 

医師人材の自由化

医師の求人に関する情報がインターネットに放出され始めた。

昔は医局の上層部が実権を握っていた「医師の人材配置」が、インターネットによって自由市場化したのである。

結果、人気の仕事案件は値段が下がり、不人気の仕事案件は値段が上がった。

自由化された市場では常に競争にさらされ、適切な価格へと収束する。

医師の労働も同様で、医師の人材市場はインターネットにより自由化され、価格は需要と供給によって決定される。

しかし不思議なことに、医師のバイト案件は以前高いフィーを維持している。

もしフィー不当に高ければ、自由化された市場において人が殺到し、徐々にフィーは下がっていくのが普通である。

しかしながら医師の労働に対するフィーは、以前高いままだ。

なぜか。

それは医師は結局常勤で働いている人の割合が多く、労働の中に占めるバイトや非常勤バイトの割合は以前低いままだから

だから供給がそれほど増えず、相対的に需要が高いためフィーは高額が維持されている。

結果的に

  • 常勤の医師の給料<バイトの給料

という状態が維持されているのである。

 

変化はチャンス

ある意味今、医師の人材市場は変化の時を迎えている

変化の時代では上記のように不合理が生じる

一方が明らかに不利で、一方が明らかに有利。常勤の給料がバイトの給料よりも不当に安い。今はそういう時代である。

そういう不合理はある意味チャンスでもある。

多くの人は変化に対して過剰にリスクを恐れ、合理的な行動を取れないからである。

つまり、今医師のバイト業界には不当に高いフィーが支払われており、次第にこの状態は無くなっていく。つまり徐々にフィーは下がっていく

変化を迎えている今この時が、その高いフィーを享受することができるチャンスなのである。

 

オススメのバイト探しは

医師のバイト、と一口に言っても、おおまかに2つの種類がある。

具体的には

  1. 非常勤で定期的に行うバイト
  2. 単発で行うスポットバイト

この2種類存在する。

どちらのバイトを行うかによって、バイト案件を探す会社が異なる。多くの医師バイト紹介会社はどちらかが得意でどちらかが不得意であり、分業されている。

 

非常勤バイトを探すのにオススメの会社は

今の時代、医師の非常勤バイトを探す会社はいくつか存在する。

僕個人の意見としては、もし本当に美味しい非常勤バイト先を探したいのであれば、複数の紹介会社へ登録しておく必要があると思う。

なぜならば、非常勤バイトの場合、単発のバイトとは違い1回契約すると基本的に一定期間その病院へ勤める事になるからだ。

単発バイトならば、条件が悪く微妙だった勤務先には次から行かなければ良いが、定期非常勤バイトとなるとそうはいかない。

だからこそ慎重に選ぶべきであって、なるべく多くの会社からの提案を受け、案件を比較し吟味し慎重に選ぶ必要がある。

一番自分にとって美味しい案件を見つける事が重要だ。

個人的には、有名どころだが民間医局をオススメする。同時に賠償責任保険も登録してしまえば手間が省ける。



 

単発バイトを探すのにオススメの会社は

圧倒的にオススメなのが、医師バイトドットコム

医師バイトドットコムは業界トップクラスの求人数を誇っており、案件数は安定して10000件以上存在している。

スポットバイトの案件が充実しており、グーグルカレンダーを眺めながら

この日ヒマだな

と思った際にスポット案件をサクッと見つける事ができる。非常に使い勝手の良いサービスだ。

また給料、勤務開始日など細かい交渉を代わりにやってくれるので、病院側への煩わしい交渉ごとをしなくて良い。



 

最後に

僕はこの時代の医師は開業せずにフリーランスとして働いていくのが良いと思う。

フリーランスのメリットについては、別の記事にまとめたのでまたそちらも見ていただきたいが、とにかくメリットが大きい。

また今は変化の時であり、不合理な行動をとる医師が多い。

実際、医師の給料は

  • 常勤<バイト医

という状態になっている。

これは業務内容や労働時間からすると、明らかに不自然。本当に自由化した市場では、仕事内容が大変でやりたがらない常勤の方が給料が高いのが正常だからだ。

この不均衡は次第に是正され、旨味の垂れ流しは無くなるだろう。

給料も

  • バイト医<常勤

となる時が来るだろう。

つまり、この不合理な行動による不均衡が生じている現代では、フリーランス医師に旨味が大きい。その旨味を得るために必要なのは、一歩踏み出す勇気である。

その踏み出した一歩が人生に大きな変化を生み、より良い人生を得る事ができるだろう。

高額報酬は勇気ある行動に対する対価、と言っても過言かもしれない。

ただし最近は専門医制度と絡めた動きも見られ始めており、常勤で転職先を探す人も結構いる。

どちらが正解なのか現状わからないが、1つ言える確かな事は、医師のバイト代が、現在は高い値段で売れるという事だ。

オススメ記事

1

僕は後期研修医になってからすぐバイト紹介会社に登録して、バイトを始めた。そして今でも定期的にバイトに行っている。 今の時代、インターネットですぐにバイト案件を見ることができる。 例えば医師バイトドットコムでは、自ら探さなくてもメールでバイト案件が送られてくる。それを眺めていて、いいなと思う案件があれ ...

2

インターネットが発達した結果、あらゆる人が時間・場所を問わずに情報へアクセスできる時代になった。 何か調べたい事があればインターネットですぐに調べる事ができ、何かアクセスしたい情報があればすぐにアクセスできる。 さらにスマートフォンの普及に伴い、インターネットにアクセスするデバイスを国民ほぼ全員が持 ...

3

医師として働いていてたまに脳をよぎる言葉、転職。 辛い時に とりあえず転職すれば良くなるかなー なんて思いながらも、目の前の仕事を淡々と片付け、時間だけが過ぎていく。 僕にもそういう時期があった。 しかし1度芽生えた「転職しようかな」という芽は、消える事なく心の中に残り続ける。 医師として働いていて ...

4

医師賠償責任保険は、今や多くの医師が加入する保険である。 大手で金額も安い民間医局が最も有名である。万が一医療訴訟になった際の損害賠償金はもちろん、弁護士費用やバイト先での補償もあり、内容面でも充実している。 さて、この医師賠償責任保険の金額は年間4〜6万程度が相場である(2018年現在)。びっくり ...

-医師の転職, 医師のバイト

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2018 All Rights Reserved.