「 月別アーカイブ:2018年04月 」 一覧

医師人生で最大の選択、それは配偶者選び

2018/04/24   -恋愛・結婚

医師として生きていると、様々な重要な選択に迫られる。 初期研修はどこでするのか。 大学か市中か、田舎か都会か。 専門科はどれにするのか。 QOLを重視するのか、自分が本当にやりたい道を選ぶのか。 医局に入るのか入らないのか。入るならどこの医局に入るのか。 医師として生きている限り、いつかはか必ずこの ...

これからの医師は開業せずにフリーランスを選ぶべき?フリーランスのメリットとは

医師のキャリアと言えば、今までは2つの道しか存在しなかった。 1つは医局内での出世をする道。 最終的には教授、その他医局内で力のあるポストに就く事をゴールとする。どちらかと言えば経済的なメリットを犠牲にし、権力にウェイトが置かれたキャリアである。 もう1つは開業し自分の病院を持つ道。 開業医として成 ...

先生、やっぱり僕らは株か不動産に手を出さないとダメですよね

先日とある外科系と医師の給料の話になった。 その先生は医師としては凄腕で、業界では有名な先生。全国各地をオペして飛び回り、さらに世界に飛び出て各国で手術をしている。 そんな特殊な技術を持った先生なので、さぞ年収も高いのだろうと思っていた。 しかしどうやら、そうではなかったよう。   先生「 ...

頑張って働けば働くほど時給が下がる?医師の労働の真実と人生の消耗について

2018/04/04   -コラム

医師として忙しく働いて、ある程度の給料をもらう。働けば働くほど残業代や当直手当が出て、給料は増える。 だから給料を増やすために、たくさん働く。 こう考えて過酷な労働条件に耐えながら働く医師は一定数存在する。 多額の奨学金を借りていたり、家のローンがあったりする場合が多い。 しかし、そうやって我慢して ...

若手医師に告ぐ、本当に医局に入ってしまって良いの?

2018/04/04   -医局, コラム

無事医師国家試験を合格し、晴れて医師免許を取得。2年間の初期研修もなんとかやりきった。 自分の専門を決めて、新専門医制度の事もあり、将来医師が増えた時に少しでも有利になるよう、今のうちから大学病院の医局に所属する事にした。 こういう判断をする初期臨床研修医、医師は多いだろう。 しかし今一度よく考えて ...

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2018 All Rights Reserved.