「 月別アーカイブ:2018年03月 」 一覧

医師が開業する時に注意したいこと

とにかく開業すれば勝ち、という時代は終わった。 日本の人口は2013年をピークに減少を続けており、今後高齢者の数もピークを迎える。 そんな日本において、日本人だけを相手にした個人医院というビジネスは、徐々に旨味が減ってきている。 そもそもの医療費、開業医の収入源は日本国の財源であり、元を正せば国民か ...

自分で逃げ道をなくしてしまう医師の多さ

医局をやめたい。 だけど家を買ってしまったから、この地域で医師として続けていくなら医局はやめられない。 医師をやめたい。 だけど奥さんが「医師をやめるなら離婚する」と言ってくるからやめられない。 稼ぎがあるのが自分しかいない。 奥さんが専業主婦で、一家で唯一稼ぎがあるのが自分だけ。だから安定した収入 ...

no image

医師がローンを組んで家を購入、建てることの愚かさ

2018/03/04   -恋愛・結婚, コラム

結婚して子供がいる医師で、医師10年目付近になってくると意識する事がある。 いわゆる夢のマイホームというやつ。 医師室では、その年代の医師がマイホーム建設に関する話をしている時がある。 「○◯って会社は高かったけど見積もり通りだった」 「△△はオプションがいろいろついた結果結構高くついた」 「坪いく ...

患者家族へのICのタイミングを医師が合わせる問題について

2018/03/04   -医療の闇, コラム

誰かが怪我をしたり急病になったりして、予期せぬ形で病院に運ばれ入院したとする。 そうした場合、患者本人はもちろん家族にとってもまさに蒼天の霹靂であって、医師にどういう状態でどういう治療をするのか説明を求めるのはご最もだ。 この説明を業界用語ではIC(アイシー)と呼ぶ。これはinformed conc ...

Copyright© 僕が医師をやめるまで , 2018 All Rights Reserved.